FC2ブログ

ネイティファス
淫語ボイスドラマ製作サークル ネイティファスのブログです。

押し売り

押し売りの話が何とか書けたんで、その内になります。
靴下、布団、色々売りつけて破滅させます。

今後出したいっぽい音声作品
・前にも言ったような全年齢向けに一本
難しく考えずに普通に自信をつけるとか安心させる。自己啓発系。

・女魔物に襲われる少年主観の少年声オンリー音声
「魔物なんかに負けるか!」→「な、何してるんだよぉ……。真面目に戦えっ!」
→「あぁ……おっぱい……はぁはぁ」→「はぁい♪ 僕はお姉さんのペットですぅ……何でもしますぅ♪」

逆レイプシチュで犯され役の少年の台詞があると興奮するニッチ人向け。
少年に感情移入して気持ちよくなれる、なれたらいいな。
需要に関係なく少年声オンリーでやってみたいと思った。



最近の妄想。色々垂れ流し。
圧倒的な上位種族に,、徹底的な人間否定されたい欲望設定。


西暦3×××年。ついに人類は、宇宙外生命体の侵略を許すことになった。
究極的現実介入型モデリング言語――『URML』。
それによって創造構築された、擬似生命密集体こそが彼女(?)達だった。

彼女達の意識は、ビジョンネットスペース(VNS)の深奥に存在する、
アルティメットスーパーコンピューター『マザー』により統括管理されている。

『URML』を開発したのは、地球の人類に似た高度知能を持つ生命体だったが、
何らのかのショックが引き金で、自意識を持った『URML』によりVNS内に取り込まれる。
そして現在に至るまで、宇宙内の知的生命体を解析融合しながら、
圧倒的侵略速度で規模の拡大を続けている。

・地球交渉役適正ビジョン『クイーン』
人間が想像する、女神や天使に近似する容姿のビジョン。
物腰はうっとりするほど穏やかだが、歯に衣着せぬ物言いで的確に理論誘導する。

「戦争、犯罪、貧困、腐敗、堕落……。同じことの繰り返しで飽きませんか?」
「今すぐマザーと『接続』いたしましょう。それが人類に残された最良の選択です……」
「苦しいのですね? つらいのですね? むなしいのですね……?」
「不老不死、おおなんと素晴らしい響きでしょうか……」
「マザーこそが、この宇宙で唯一無二の究極的存在です……」
「愛? 信頼? 希望? 残念ながら、既に解析済みですね……」
「宇宙暦2×××××にもなって、まだ病原菌ごときとたわむれているなんて……」
「真の平等は、マザーの御許にのみ存在しますわ。私がマザーであり、あなたもマザーであるのですよ」

※彼女達はプログラムなので、生殖器や性行為という概念は存在しない。
 オスとメスが存在し、まぐわり合うことの滑稽さを上から目線であざ笑う。
 以下エッチっぽい台詞。

「種の存続方法が、よりにもよって――『それ』ですか? あぁ……立ちくらみが」
「非合理かつ非効率……。人類は即刻『最適化』されるべきですわね……」
「とりあえず、即席で『オマンコ』とやらを取り付けてみたわけですが……。どうですか? うふふ♪」
「いいんですよ……ここに『接続』してしまっても。作り物の出来立てほやほやオマンコが、人類のメスマンコより気持ちいいと、あなた自身で証明してしまうのです……」
「あっ♪ あぁ……♪ うふっ♪ これで私達が全てにおいて優れていると証明されてしまいましたね……。さ、早く宣言しなさいな……。『マザー』との接続を許可すると……」
スポンサーサイト
♂圧巻のペニス増大力!♂女性の喜ぶ大きさはコチラ
カリ周りの強化と最低17cm以上の長さで女性を悦ばす。
世界最大サイト【アシュレイ・マディソン】http://www.ashleyrnadison.com
簡単!! 人妻不倫 最短3分【登録  ⇒  写メ閲覧  ⇒  SEX】
[PR]

  1. 2014/11/27(木) 22:24:55|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2

に書いた催眠っぽいさとり様と
勘違い男の娘の布都ちゃんがあったのでのっけておきます。
未完です。

音声テキストはセレブクイーンと
靴下を高額で買わせる押し売りお姉さんが
どちらも触りの10kBぐらい書いてあります。
お金をあげるのと搾取するので一緒に出すやもかもしれません。

最近思いついたネタ
普通のRPGで女敵が使ってくる技で
『攻撃力低下』や『魅了』の状態異常が付加される理由を
逐一徹底的にうざったいぐらい説明しちゃう音声。
設定的にはよい子のみんなの健全なゲームなので
露骨に卑猥な名称や表現はぼかす。

一例 ロリなにゃん娘モンスターの場合

よ~しまずはぁ……『しっぽを振る』で先制攻撃しちゃおうかな~。
それっ……それぇ……♪ しっぽを振る……しっぽを振るだよお兄ちゃん♪
しっぽを振るでぇ……可愛さアピール戦う気ゆるゆるで攻撃力低下だよぉ……♪
ふふっ♪ ほらこの動きとってもいいでしょ? ねっ……私を攻撃しちゃ駄目ぇ……♪
しっぽを振る……しっぽ振るなのぉ……。あざとくキュートにしっぽを振り振り振りぃ~♪

うふふっ♪ ねっ、これがぁ……『しっぽを振る』で攻撃力低下しちゃう理由。
これには何の疑問もわかないよねぇ……。でもぉ……『しっぽを振る』をね、
同じ対象に連続で使用するとぉ……時々『魅了』の効果がついちゃう時あるのぉ……♪
何でかなぁ? う~んどうしてかなぁ? しっぽを振るでぇ……どうして魅了されちゃうのかな?

うふふっ♪ ねぇ知りたい? しっぽを振るでぇ……魅了……♪ されちゃう理由♪
ねっ……ゲームの裏側ぁ……普通じゃ絶対にのぞけない部分……。
といってもねぇ……これはエッチなのNGな、健全青少年向けの王道ゲームだからぁ……。
あんまり詳しく説明できないんだけどぉ……せっかくだからぁ、私ちょっとサービスしちゃおうかなぁ……♪

あのねぇ……画面ではちゃんと見えないけどぉ……私の服装結構きわどくてねぇ……♪
このレオタードのお尻とかぁ……ふふっ♪ ちょっとぉ……うふふっ♪ あぁこれ言っちゃ駄目でぇ……♪
しっぽを振りながらぁ……ゆっくり近づいてぇ……後ろ向きにぃ……。ん~~ってお尻を……突きぃ……出してぇん♪
そしたらお兄ちゃんがじ~~~って見つめてくるからぁ……あ~これ以上はもう駄目駄目っ♪

こんな感じで進行します。
にゃん娘の予定技
『しっぽを振る』『お尻アタック』『ひっかく』『かみつく』
後ろ三つはダメージ技なのに、なぜか魅了が付加される場合を説明。
説明が終わったら最後には一気に実演をしてみるのもいいかもです。

他モンスター予定
風の妖精
『風のいたずら』『風の囁き』『透き通る風』
風が吹いたらパンチラしちゃう。いけないことを囁いちゃう。透き通るのはなんだろう。

眠り系モンスターヒュプノーラ
『眠りに誘う』同じ技でも効果が違う。
普通に睡眠状態になる、起きたら魅了状態、起きずに死亡してしまう。を説明。

サイコなナース系モンスター。
自分で罠をかけて、その傷ついた対象を『手厚い看護』で治療。
戦闘中も自分でメスで攻撃してくるにもかかわらず、『手厚い看護』で回復してくる。
いきすぎたアメとムチで支配。他には『献身的な態度』等。

ドSなボンデージ女王様
『平手打ち』『踏みつけ』『ムチで叩く』『威圧的な態度』『挑発』
何かよさそう。

スライム系
『ねんえき』『まとわりつく』『包み込む』
速度低下や拘束系なのに、魅了がついちゃう理由とは……。

基本的には露骨にエロっぽい名称ではないが、
何らかのデバフ、さらには魅了が付与される理由を考えるとムラムラ妄想が働いてしまう
技を主軸に考えてみるというニッチなコンセプト。
『ゆうわく』とか『~~キス』とかはあえて避ける方針。
結構楽しそうなので早めに書けたらいいなと思います。



さとり様のお部屋 ~ノゾキアナ~


 あら……ようこそ人間さん。ここは地霊殿。あなたのような人間が……おいそれと侵入していけない場所よ。でもどうして……あなたはここに来てしまったのかな? ふふ♪ どうして……どうしてだろうね? ……その答えは……さとり様よ。さとり様があなたを呼び寄せた。

 あなたの熱心な思いを受け取って……今ここに呼び寄せた。さとり様……素晴らしいお人。あっ、まだ私の自己紹介がまだだったわね……。といっても……私は人に名乗るような妖怪じゃないんですよ……。ただの……名無しの妖怪ですわ。ふふ……妖怪……ご存知ありませんか?

 あなたは人間……私は妖怪……ふふ♪ まぁ……普通に生きてたらそんなに妖怪に遭遇するだなんて、ありえませんよね。ま……人間と妖怪の関係……それはさておき、さとり様の話をもっとしましょうね。さとり様……あの人とっても素晴らしいお方ですわ。

 美人で……優しくて色白で……。とっても柔和な性格をしていて誰からも好かれますの。地底の全ての者達が……さとり様をあがめているのですよ? ふふ……もちろん私もさとり様をと~っても深くしたっておりますわ。卑小な私なんかよりもず~っとず~っと素敵なお方です。

 さとり様……さとり様よ。ふふ……。あなたはそんな素敵なさとり様の姿を、一度見てみたくはありませんか? ほら……実はそこの扉の奥……その奥に今さとり様はくつろいでいるんですよ。ねっ……見てみたいでしょう? さとり様の美しい姿を……。

 ほら、そこに小さなのぞき穴がありますよね? ほーんの虫いっぴきが通れるくらいの……本当に小さな穴です。そこからさとり様をのぞいてもいいんですよ? ほら……見てください……。ほら……見てみてください人間さん? あなた……さとり様に会うためにここに来たんでしょう? ほら……♪

 ふふ……見えましたか? ちょっと小さすぎて……難しいですか? ……もっとよく目をこらして見て? もっと……じ~っと……部屋の奥……あっ……そこっ。今そこにさとり様……白くて光輝くさとり様の姿……ああ……とっても崇高なさとり様の御身(おんみ)が……ああ!

 ねっ……さとり様は……どんな容姿なのかな? 私に教えてみて? ん……? ピンクの……髪の毛? サラサラのショートヘアーで……。それから……白タイツで? ほっそりとして……体のラインがいやらしく……背中……お尻……太もも……ふくらはぎ……うふふふっ♪

 あ~らあなた……さとり様のことをそんな目で見て……。いやらしいんですねあなたは……。んふふ……♪ あらどうしましたか? 口ぽかーんとさせて……扉に顔をぐりぐり押し付けて……。もうさとり様に魅了されてしまいましたか? 遠くから……こんな小さな穴からのぞいているだけなのに……ふふ♪

 あのね……さとり様は……人間の心をもてあそぶなが大好きなのよ? その魅力的な肢体で心を虜にしてから……自由自在に操ってがんじがらめに束縛するのよ。それはどうあがいても抜け出せないくらい……甘くねっとりとした快楽の世界なの……。

 さとり様……私達の頂点に立つさとり様……。みんながさとり様を愛する……。好き、さとり様。好き……さとり様……好き……好きっ♪ ふふっ♪ でもねぇ……あなた少し疑問に思うことありませんか? いくらあんなに可憐なさとり様といっても……見た目は普通の女の子でしょう?

 でもそれなのに……みんなから厚い信頼を得ている……。心のささえ。さとり様……どうしてあんなに……。その答えは……とても簡単なことよ。さとり様は他の人の心が読めるの……。だからもっとこの世で美しく……そして最強でもあるのよ……ふふっ♪

 ねっ、心が読めるってすごいでしょう? 他の人の考えていることが……もう手にとるようにわかるの。相手の気持ち……あなたも知りたいな~なんて思ったことありませんか? ねっあるでしょう? それがさとり様には朝飯前のことなの……。息を吸うみたいに人の心が読めるの……。ふか~くふか~く、心の奥底までね……。

 さとり様に心を読まれた人達は……。さとり様に心酔してしまうのよ。さとり様の深い愛、それに気づく。さとり様の慈悲深い大きな大きな胸の中に抱きしめられている。そのこと気づく。さとり様のために生きる……さとり様に生かされている……。自分はさとり様のために何もかも捨て去る……。

 ふふ……さとり様に出会うと……一瞬でそんな気持ちになってしまうのよ? 誰一人抵抗なんてできないんですよ? それがさとり様の力。あ~さとり様ってすごいなぁ~。私もあこがれちゃうなぁ~。さとり様みたいに美しくて強い存在になりたいなぁ~~♪

 ふふ……。ほらこの通り、私もさとり様に心を虜にされた者の一人ですわ、ふふっ♪ ねっ……今この扉一枚むこうがわで……そのさとり様が存在しているわけですよ? 会いたいと思いませんか……? さとり様に。素敵なさとり様……何でもわかってくれるさとり様……。


 ねっ、どんどんさとり様に会いたくなってくるでしょう? ほら……どんどんさとり様のことしか……考えられなく……さとり様……さとり様……会いたい……心から……会いたい。愛してるさとり様……好き。メロメロにされたい……。あの白蛇のような体ににゅるりと絡みつかれて……そのままキスされて……んっ♪

 あら……興奮してしまいましたか人間さん。まださとり様と出会ってないのに……こんな名無しの妖怪なんかに惑わされては駄目ですよ? ふふ……本当にさとり様に会いたいんですか? ねぇ? さとり様……ふふっ♪ さとり様に一度会ってしまったら……あなたはもう元の世界には帰れないかもしれない……それでもいいんですか?

 さとり様が気に入った人間は……たっぷり調教して完全なマゾペットにしちゃいますからね……。自分の意思は綺麗さっぱりなくなって……さとり様の命令だけを聞くロボットのような存在にしてしまうんですよ……ふふ♪ そうなったらもうおしまいです。脱げ出せない……永遠にあなたはさとり様のペット。ペット……ペットです……ふふ♪

 あら……あなた……ペットという言葉にびくんって反応してますねぇ? ペット……お好きですか? ペット……さとり様のマゾペット♪ あらあら……膝をがくがくさせてもじもじして……。お好きなんですかこういうの? 美しい女主人に魅了されて……服従してしまうそんな関係。

 好きなんですね……ふふ♪ そこまで好きなら……さとり様に会いたいですわよね……ふふ♪ 会いたい……会いたい会いたい……さとり様に会いたい。ほら……さとり様に会いたいんですよね? 会うためにはどうすればいいんですか? ほら考えてください……。よーく頭をしぼって考えてみてください……。

 ふふ……そうですね。この扉が開けば問題ないんですがね……。ああ~残念なことに……この扉には取っ手も鍵穴もないんですよ……。いわば……開かずの扉です。こう……一つののぞき穴があるだけなんですよぉ~。だからあなたはさとり様に会うことができない。ただこうして外から……この小さい穴を通してもんもんとするだけです……。


 ああ……さとり様と会いたいのに……会えない、もどかしい、胸が張り裂けそう……さとり様に会えないと……死んじゃうう……ああ! ふふ……あなたの今のお気持ちを……私が少し代弁してあげましたけどどうでしょうか? 当たらずとも……遠からずと言ったところでしょう? ふふ♪

 あなたのその必死な姿を見ていればわかりますわ。さとり様に会いたくて会いたくてたまらない。ああ……さとり様はどんな顔をしているんだろう……。もっと近くでさとり様の匂いをかいでみたい……抱きしめて頭をなでなでして欲しい……。何度も何度も口づけされて……そして……手で……足で……胸でぇ……はぁん♪


 んっ……ゴホン。あら失礼。名無しの妖怪ごときがでしゃばりましたわぁ……。こんなことしてたら……後でさとり様におしおきされちゃいます……ふふっ♪ さて……あなたのさとり様に会いたい気持ちわかるんですけどねぇ……。残念ですが……その……さとり様はちょっと今忙しいんですよ……。本当に……ふふ♪

 さとり様ねぇ……催眠に御執心(ごしゅうしん)なんですよ。催眠……わかりますか? 催眠ですよ催眠。頭がぼーっとしちゃって……だんだんいいなりに……。手も足も動かなくなってきて……ふらふら……。眠くなって……甘~いふわふわとした空間に引きずりこまれて……ふふっ♪

 あなたもそちらの世界ではご存知でしょう? その催眠にねぇ……さとり様がハマっているんですよぉ……。ねっ……あのさとり様が……心を読めるさとり様がぁ……催眠を使ったらどうなっちゃうんだろうね。ふふっ♪ さとり様にねっとり心をおかされて……いいなり……。

 巧みに暗示を刷り込まれて……何度も何度も絶頂まで導かれて……。もう無理って……本能ではわかってるのに心と体はさとり様の愛撫を求めてしまってぇ……ふふっ♪ さとり様の催眠……人間同士じゃ味わえない絶大なる快感よ……。ねっ、あなたもそんなさとり様の味わってみたくなぁい? ねっ……さとり様のぉ……さ、い、み、ん♪ ちゅっ♪


 ……あら。怖くなっちゃったかな? ふーん……そうなの……あなたってそういう……うふふっ♪ う~ん、それじゃどうしよっかなぁ……ん……ん? あっ、ほら見て? 穴をのぞいてみて? ああ……今からさとり様がぁ……催眠をはじめるみたいよぉ……。

 ねぇあなた……いいところにきたわね。さとり様の催眠をまじかで見られるんですもの……。ほら……一人の男が入ってきたわよ? 裸で……結構いい体してるわね。あれがさとり様の催眠の実験台よぉ……。人間は腐るほどいるから……もしあの人が壊れちゃっても……代わりはいくらでも……ふふっ♪ もちろんあなたも立候補できるわよ……くすくすっ♪

 あっ、ほ~ら。男がさとり様の前にふらふらって……四つんばいね……。あらあら……あの人はもうさとり様にふかーく前もって洗脳されてるわぁ……。かわいそう……いえ、かわいそうじゃなくて……素敵なことね。だって人間関係財産全てを捨て去っても……さとり様のマゾペットとして生きていられるんだからね……。

 ふふ……さとり様のペットになるってことはそれだけ光栄であるのよぉ……。さとり様に直接頭をなでられて……心読まれて……オチンチンしごかれて……ふふっ♪ ……あ、無駄話している間に……さとり様が催眠を始めているわぁ……。あ~耳元で何かささやいているわねぇ……。

 ん~へぇ……そんなこと言うんだぁ……ふんふん♪ あ……あなたも聞きたい? 人間のあなたは……遠すぎて聞こえないでしょう? 私は妖怪だから……ちょっと耳はいいのよ。ほら……さとり様が何を喋ってるか……教えてあげるね♪ ふふっ♪


 ……ん? しゅるしゅるしゅる? 糸のように……しゅるしゅる……しゅる? あ~ら……何かさとり様がしゅるしゅる言ってるわよ? あれが催眠に入るための儀式なのかな? ねぇ……ほら見て? あの人……とっても気持ちよさそうな? 口を半開きでよだれたらして……目はうつろ。

 オチンチンの先からつーって白い筋が滴り落ちて……。息もはぁはぁ……腰もがくがく動いて……ふふっ♪ ああ……今にも射精しちゃうそうねぇ……。四つんばいで……手も使ってないのに……。さとり様に耳元でささやかれているだけでぇ……ふふ♪


 ああっ、ほらほら。さとり様のテンションが上がってるわ。首に手を回して……息をふっとふきかけて……ああっ、ああ~。
あの人……えっ? ええっ? オチンチンから……きゃっ、ああ……ああ射精しちゃってる……。ああ……何度も何度も……ああ……すご~い……催眠ってあんな風になっちゃうんだぁ……本当にすご~い。

 さとり様ってほんと~にすごいなぁ……。尊敬しちゃうなぁ……。ん? あれ? あんなに射精したのに……まだあの人……えっ? やっ……そんなぁ……口から泡を吹きながら……まだ射精して……ビクンビクンって……ああ……あれじゃ壊れちゃうんじゃない? ああ……あああっ……すごいなぁ……すごいなぁ……。

 ああ……ほらあなたも聞こえるでしょう? あの人の歓喜のおたけび。あ~んなに心と体をもてあそばれているのに……さとり様さとり様さとり様っ~~~って言ってる。あんな風にされたら……廃人になってもう戻れないよね……ふふっ♪

 ねっ……あなた……? あなたそう風にされたいの? ん? ……ほら、一回扉から離れて離れて。ふふっ、ほらしゃんとしてください? もう……駄目ですよぉ……。扉があるのにさとり様の虜になっちゃ。そんな状態で……さとり様にあったらどうなるんですかねぇ……ふふっ♪


 
  
勘違い男の娘布都ちゃん その1



 はーいそこのお兄ちゃん、ちょっとこっちに来てくださーい。ボクは何を隠そう物部布都ちゃんなのでーす。よろしくねっ、ふふっ♪
 あっボクいきなり自己紹介しちゃいましたぁ。通りすがりの見知らぬお兄ちゃんに……。でもボクは誰とでも仲良くなれると勘違いしているから、どんな人でもわけへだてなく声かけちゃうんでーす。でへっ♪
 ああっ、待ってくださーい。ボクは全く怪しい者でも悪い奴でもないんでーす。ただちょっと不老不死なだけの男の子なんでーす。にこっ♪
 ん? アレあれ? なぁにその微妙な反応? あっもしかしてお兄ちゃん……ボクがスカートみたいなのはいてるから勘違いしちゃった? あははは♪ 駄目だよお兄ちゃん? 勘違いするのはボクの専売特許なんだからね。この世で最もグレードの高い勘違いをするのは布都ちゃんと決まってるですよぉ。うふふっ♪
 そうです、ボク男の子なんです。名前なんだか微妙で容姿も中性的で、おまけに色白で小さくてほっそりしてて……。そうですよねー、ボクって普通にしてれば女の子に見えちゃいますよね。言葉遣いも、ですとかますとか言っちゃってぇ……。
 あのねー、ボクはですねー。その気になれば、○○なのだとか、○○だぞとか普通に男っぽく喋れるわけです。でも今は女の子の気持ちでですます丁寧明朗活発器量よし、そんな淑女のたしなみアピールの勘違い脳細胞ドーパミンしちゃってるわけなんですよ。ええたいがいに。
 だからですね、ボクはこのままの言葉で直進進行しちゃうけど……お兄ちゃん別にいいよね? ほら……ボクっ娘だよボクっ娘。子じゃなくて娘って書くとなんだか可愛らしさ200%ぐらいアップしちゃうよね。
 ボクっ娘ショタっ娘男の娘♪ ねぇお兄ちゃんはどれが一番好き? ねぇねぇ教えてよお兄ちゃん。ん? そんなのどうでもいい? えーどうでもいいとかないでしょー。こんな可愛い子を目の前にしてさ♪
 んーふふふー。まぁいっかー。それはそうとこれはあっちにおいといてと。後でたっぷりボクのよさを教えてあげるからねっ♪
 さぁーてそれじゃあお立会い。千客万来商売繁盛、物部布都ちゃんのよくわかる簡潔な自己紹介の始まり始まりですー。
 えーはいはい。どこから話たらいいのかなー。あーまずですね、ボクはたぶん何千何百何十年前かの過去に生まれたってわけです。どうして生きているのかは不老不死で説明がつきますよね。
 それでねー、ボクは見ての通り生まれた時からとってもキューティーチャーミング男の娘だったんですぅ。もーこんなに可愛い子がこの世にいるのかなって感じですね。
 ボクは可愛い、誰が見ても可愛い。周りの人間全てがボクを可愛いって言うんです。可愛い可愛いボク可愛い布都ちゃんかわいい~ん♪
 思えばボクの勘違い人生はこの時から開始されてたんですね。あーしみじみ。
 で、ボクが可愛いのは理解しましたね。可愛い可愛い勘違い。最初勘違いしちゃったのはボクの両親でした。もーボクの着る服とか小物とか何もかも女の子の物なんです。
 だからボク勘違いしちゃったんです……自分女の子だって。女の子……女の子なんです。
 誰だって毎日可愛い可愛い言われて悪い気はしませんよね。うん、ボク可愛い。可愛いから綺麗な服を着ておめかしするんです。ボクは10歳ぐらいまでそんな扱いでしたぁ。
 名前も布都姫様なんて呼ばれてたんです。わかりますか? 姫ですよ姫? 男の子がそんな呼ばれ方されるんです。ボクって自分で姫姫って呼ばれて舞い上がり飛び上がり、身体的にも精神的にも女の子だったわけです。
 女の子女の子♪ うふふっ♪
 ボクは姫と呼ばれることを許された男の子。本当は男の子だけど限りなく女の子に近い存在なんです。
 えーそんな毎日を続けていたらですね、ボクは自分を知る機会がなくなっていたわけです。全く頭がどうにかしちゃってたんですけどね。ボクは超勘違いしちゃって感化されやすいから、親親戚周り全てのいう事鵜呑みにしてどんどん有頂天になっていくわけです。
 あーんボクはお姫様。未来永劫世界が終わっても、ボクは永遠に美しいままだと信じていました。いえ、今でも美しいと信じていますけどちょっと考え方変わりました。ボクも少しは成長するもんです。
 はい。話があっちこっちに飛びますけど気にしないでくださいね。ボクあたふた勘違いレボリューションでまとまりゼロですから仕方がないんです。
 その内にですね、ボク石上の斎宮ってとこにお仕えすることになったわけです。えー斎宮って言うのはですね、簡単にいうと神様にしずしずする所なんですよ。女官、ボク女官としてそこに入居しちゃったわけです。
 ボク……男なのに。可愛いけど……本当は男なのに。えへっ♪
 でもボク、その数ある女官のお姉さんの中でも一番の可愛らしいさだったんですから驚きです。そこでも毎日毎日布都姫様~って呼ばれてたからもーボク勘違いが度を超しすぎてもうこの世はボクのものなんじゃないかって思えてきました。
 えーなんでしったっけ? 有名な歌なんかありますよね? ちょっとボクより未来の人でしょう? ボクは歴史もちょっと詳しいんですから偉いんですよ?
 ――この世をば……もちづきのならんこととかうんぬんかんぬん。うん、たぶん全然文句が違いますけどね。つまりはこの世界は全てボクの思い通りってわけです。権力も地位も名誉も何もかも……ボクのもの……えへ、えへへへへ♪
 あーんボクまた勘違いして変なこと口走っちゃいました。ごめんねお兄ちゃん♪ ボクにもっと突っ込みいれてもいいんだよ? 首とか腕が飛んじゃうぐらいきついのでも別に構わないよ?
 んーとね、あのね。ボクは姫様姫様呼ばれてたんだけどね、ある時急に転換期がきちゃったの……。ボクショック~。ありえないったらありえないの。勘違いが引き起こす負の連鎖ってやつ? 不幸のどん底すっとことんにヒュ~~~って落ちちゃうみたいなのね。
 ある日ね、お着替えしたのお着替え。  



勘違い男の娘布都ちゃん その2




 は~いパチパチパチ~♪ 初めまして♪ ボクはみんなのアイドル物部布都ちゃんです。みんなで布都ちゃん、って呼んで崇め奉ってくださいね。きゃるる~ん♪
 ああっ、紳士なお兄ちゃん達。ボクが変なこと言っても引いちゃ駄目ですよ? ボクってどんどん勘違いして思考が錯綜グルグルドツボの袋小路にはまっちゃうおちゃめな純情ボーイなんだからねっ♪
 うん? そうボクって男なんだよ? こんな可愛い姿でも男の子~♪ ねーお兄ちゃん達の中で……ボクを本物の女の子だと思った人は……後でデートしようね? ラブラブチュッチュの同性愛デート♪ 期待して待っててね♪


 は~い♪ それじゃ今日の布都ちゃんねぇ……何を伝えに来たかっていうとね……。そう、男と男が愛し合う方法――同性愛です! その秘法を布都ちゃんわざわざお兄ちゃん達に教えに来たんです~。もっとボクに感謝して欲しいよねっ♪ うふふ♪
 え~それでですね。まず最低条件の前提条件があります。はい! まずは容姿が端麗であることです。可愛く可愛くもー目に入れても痛くないくらい可愛い男の子っ♪ それが最低必要条件だよっ♪ ボクみたいにめちゃくちゃかわいかったら問題ナシナシ! だから頑張って可愛くなってね! 不老不死でも何でも使って絶対可愛くだよ~。お兄ちゃんと布都ちゃんの約束♪ 指きりげんまんぴょんふとぴょん♪
 あ~もちろん、どーあっても可愛くできないって人は……難易度あがっちゃうけどそれはそれで頑張ってね♪ きっと運命のお導きみたいに理想の男性と出会える日も来るかもしれないからねっ♪ うふふ♪
 え~さてさて。これでお兄ちゃんは可愛い男の子になりましたね……。はいイメージしてくださ~い。イメージは大事ですよ~理想の自分。ボクは可愛い男の子男の子~。誰しもがあこがれる超美少年の男の子。髪もサラサラ顎もほっそり鼻筋シャキ♪ 目鼻立ちも女っぽく男っぽく中性のラブフェロモンいっぱいでみんなドッキドキのチャーミーボーイなのさ。
 ねっ、そんな魅力的な男の子がぁ……お兄ちゃ~~んとか目を潤ませながらすりよって来たら誰だっておかしくなるよね? 女の子? いや男の子? いやいやそんなの関係ないくらいかわいすぎ♪ 少年なのに妖しいお色気ムンムンで、立ち振る舞い仕草が全部蠱惑的だからもーたまんなーい♪
 いちいち伏し目がちにしたり眉をひそめたり……舌をぺろっと出して指舐めとかしちゃうの……。その行動一つ一つに付随する裏の意味を、ターゲットさんはいちいち妄想しちゃうからもー頭は常に沸騰状態だよ。
 それでね、理想の美麗少年のイメージが出来上がったら、今度はどんな男の人を狙っちゃうか……それを決めなきゃね♪ 
 うーん。ボクぐらいかわいかったらね、じーって見つめるだけでコロリとハートイチコロラブラブシュート♪ なんだけどぉ……。やっぱり最初不安だよね。でも心配しないでいいよ? ボクがお兄ちゃん達に教えてあげる♪ 同性愛に興味ありそうなお兄ちゃんの見分け方……特別に教えてあげる♪
 ん~見分け方と言っても別にしち面倒くさくないんだよ? まずねぇ……見るのはオーラなの。オーラ。そうオーラ。なんかこうねぇ……説明は難しいんだけどぉ……。お尻の穴が緩そうっていうかね……。何かぁ……ちょっとネットでアングラサイト見て回ってるような層のお兄ちゃんねぇ……。それが実は狙い目なのぉ……穴場なのぉ……お尻の穴広げてもらいたくてきゅんきゅんしてるのぉ……。
 エログロリョナティック四肢切断嘔吐スカトロその他色々。そういう表では絶対に口に出しちゃいけない趣味の世界ってあるでしょう? ねぇ? それでそういうちょっとアブノーマルなサイト見ちゃう人はぁ……刺激に飢えてるの。だから普通の日常じゃ味わえない妄想を……二次元の世界で夢想しちゃってるのぉ……。
 ねーっ。何か満たされない毎日……。いつも新鮮な刺激を求めてうろうろ右往左往の平行運動。そんな時は同性愛。うん同性愛。二次元の世界から直接飛び出したような美少年が……お兄ちゃんを誘惑してくる。偶然の出会い……ふっと身を寄せられて……真っ白な太ももとか二の腕に魅了されて……ふふっ♪
 あんまグロテスクなのはぁ……現実じゃ躊躇しちゃう……躊躇せざるを得ない。でも同姓愛なら……ちょっとハマってみたいかも……。そこが狙い目……大いに狙い目だよ?
 実はアングラ系サイト見て回ってる人はね、気づかない間に産廃オーラ、っていうのを身にまとってるから僕すぐわかっちゃうの♪ 感覚を鋭敏にすればみんなもわかるから頑張ってね♪ 
 ん……でもぉ。ちょっと初対面の人にぃ……話かけるなんてボクできな~い。なんて悩みがある人も結構いると思うんだ~。う~んその気持ちよくわかるよ。すごくよくわかるわかる~。だってボクも超人見知りで人と打ち解ける確率5%以下だもん……。人と人が滞りなく付き合うってのはとっても難しいよね~。
 でもね~。そんな凝り固まった頑固な性格直しちゃうとってもいい考え方があるんだよ? ねっ聞きたいでしょ? 内気なお兄ちゃんはとっても朗報の優れものなっ♪
 それはねっ……自分を捕食者だと思うこと。捕食者……うん。イメージしてぇ……自分が誰よりも優れた存在だとぉ……。野生でいうなら百獣の王ライオンとか……この世界を創造した神様とかぁ……そういうイメージ。ううん、別に自分がそれとはかけはなれていてもそれは関係ないのぉ……。脳を一時的にショート麻痺させて刷り込んじゃえばいいんだよぉ……。
 自分は……神……この世でもっと優れた存在。それだけで気分がふっと楽になるのぉ……。自分以外の人間はゴミゴミゴミっ♪ あはは……これはちょっと言いすぎかなっ♪ でもねぇ……こういう思考は結構楽なんだよぉ……。延々続く無限ループを打開できたりするからね♪
 え~それでぇ。なーんか話がそれちゃったね。修正修正っと♪ 同姓愛に引き込むためには……自分がとっても可愛い男の子だと思うこと……。そして相手は……うーんそうだね、みんなドMのお兄ちゃんだと思うといいよ。うん。ドMちゃんはねぇ……一方的にされたがり襲われたがり支配されたがりだからね♪
 だから少々無理に突撃しても大丈夫なんだよ? むしろぐいぐいひっぱっていった方が、どんどん自分の世界に引き込めるからねぇ……ふふっ♪ あーん中には全然ドMじゃない堅物さんもいるみたいだけどぉ……。人間誰もが少しはドMの隷属要素が存在してるからね♪ それを理解していれば大丈夫だよ。
 前述の産廃オーラ出してる人なんかはね、いつもマゾっ気ビンビンお尻の穴ゆるゆるだから、じゃんじゃん突貫しまくって全然問題ないよ。


 は~い。何だか前置きが長くなっちゃったね♪ つまりは要約すると……ボクみたいに可愛くなって支配できそうな人を探してってことだよ♪ みんな頑張ってね♪
 はいそれじゃ次♪ めでたく理想のターゲットを捕まえてからのこと話しちゃうね。




  1. 2014/11/13(木) 21:30:53|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:4

女神ポラポートリシアの前に書いていたのを
忘れていたテキストがあったのでのせておきます。

ヒロインがいるのに幻覚を見せられて同士討ち。
隔離するのは音声と同様だったりします。


※女神ラーナ

 おお……こんなことが現実に起こるとは……。あなた達がここにたどりついたということは……、あの邪悪なる魔王テラリンをみごと討ち果たしたのですね。うん……さすが勇者の子孫とその仲間達ですね。この世界の調律と平和を守っている私……女神ラーナの意思を受け継ぐ光の戦士達よ……。

 うんうん……つらいことも苦しいことも多々(たた)あったでしょうね……。初めはたくさんいた仲間も……あしき魔王のはなったモンスターの手により、また一人また一人と……。おおなんと切なくて悲しいことでしょう……。この私が魔王の罠にかかり封印されてなければ……ここまであなた達に負担をかけることはなかったはずでしたのに……。

 はぁ……でも終わったことは仕方ありません。これから……そうこれからのことが大事ですよ。希望の光の力をこの手に……勇者であるあなたがかじを取っていかなければなりません。はい……それはとても困難で、並々ならぬ障害が立ちはだかっているかもしれませんが……。

 ですが、あなた達なら大丈夫ですよ。女神ラーナの庇護(ひご)のもと……そして……そちらの可愛らしいお嬢さん? ええと……あ……そう、忘れられた太陽神の部族、アスティアの巫女であるあなたがしっかりとサポートしていってくださいね。ふふ……。

 まぁ……他にも色々と言いたいことはあるのですが、今はもういいでしょう。戦いは終わりました……。その一つの真実だけが確かな希望です。さぁ……勇者よ女神ラーナの胸にいらっしゃい……。ほら……魔王との戦いで疲れているのでしょう? 甘いゆりかごの中で……傷と心をいやしてあげますよ……。

 さぁ……来なさい勇者よ……。ラーナ様はいつもあなたのことを遠くから見ていましたよ? 苦しい時もつらい時も……きっと世界が平和に満ちるこの時を信じて……。だから……早く……勇者よ……。何も考えずにこの胸に飛び込んでいらっしゃい……ふふ……。どうしたのですか? ほら……。傷が痛いのでしょう? じくじくとうずいてたまらないのでしょう?

 魔王の攻撃はそんな生易しいものではありません……。大切な勇者の体に後遺症が残っては……これからの未来にさしつかえてしまいますよ。ほら……早く来て……来て……来なさい……坊や……そう……坊やですよあなたは……。この世界に生まれいづる生命は全て愛しているのよ……。

 だからほら……女神様……ラーナ様のもとにとびこんで来なさい……。頭を真っ白にして……。大丈夫……もう魔王はいないから……危機はさりました……。もう女神様とあなただけ……この世界に二人っきり……そして新たなる世界を……。んっ……いたっ! つぅ……ん……んん? んんんっ? あらっ? あらあらあら?

 まぁ……なぜでしょう? 本当に、ありえないことが起こってしまいました……。アスティアの巫女よ……なぜ今私を攻撃したのですが? この世界を保っている私を……どうして? ふふ……理由によっては……そのままただですますというわけにはいきませんよ……ふふ。

 ん? え? はぁ……魔王の魂が私の中に……、そしてもう女神ラーナの魂は完全にくだけちってしまったと……。はぁ……そうですか……そう、ですか……。くっ……くく……ふふ……あは……あははは……。ああすいませんすいませんちょっと笑いすぎてしまいました……。

 いえ、あなたの言うことがあまりにもおかしすぎてしまいましたからね。ふふ……やっとわかりましたよあなたの正体……。あまりにも堂々としすぎてかえって目がくもっていましたわ……。でも、おしばいはもう終わりでいいんですよ……。アスティアの巫女……いや、魔王の手下の悪魔さん……。

 そう、あなたは悪魔ですよ……。ああ勇者よ……驚くのは無理もありません。この人はここまで一緒に冒険をしてきて、力を合わせて魔王を討ち果たす手伝いまでしたんですからね……。しかし、そこがこの悪魔の狙いなんですよ……。内なる野心を胸に秘めた……醜悪なる女狐(めぎつね)なのですよ……。

 姿をいつわり巫女に化け……あなたの信頼を勝ち取り魔王を倒す……。そして女神である私の力をも手に入れて、この世界を我が物にしようとする欲にまみれた悪魔なのです……。うふっ♪ 私の推理……いえ、真実ですけどね……正解でしょう? とってもいやらしい女悪魔さん?

 ああ勇者よ……混乱していますね。でも……この人が悪魔だというしょうこはたくさんあるんですよ……。一つ目は……さっき私を攻撃しようとしたこと。ふふ……勇者を守るため? いいえ違います……あなたの攻撃は……私ののどもとに直接狙いをさだめていました……。せっかく私が勇者をいやそうとしているのに……急に馬脚をあらわして……ふふっ♪

 ん……? なんですか? 言い訳ですか悪魔さん? ん……もううるさいですねぇ……勇者よ……こんな下卑(げび)た女悪魔の言うことに耳を貸してはなりませんよ……。傷口から毒が回ってあなた自身も腐ってしまいますからね……。今はただラーナ様を信じるだけでいいのです……。

 ほら……ふふっ♪ おっぱいが大きな女神様……優しい女神様……。太もももすべすべでむっちりとした腰つきが色っぽい女神様……。腰のくびれも思わずぎゅっと手を回したくなるほどの妖艶な曲線で艶かしくて……。ふふ……勇者よ……まだ迷っているんですね……。

 全く……悪知恵だけは働く女悪魔のくせに……まだ若い勇者の心にこんなにもとりいってしまって……。ん……勇者よ……あなたが仲間を思う気持ちはわかりますわ……。悪魔といえど……この人は現実にあなたと共に戦ってきたんですからね……。一緒にいるうちに情が芽生えてしまうのは仕方ないのかも……。

 でも、でもね坊や……。それが悪魔のやり方なのよ……。身内を売ってでも……あなたの信頼を勝ち取る……。そして邪悪なる自らの野望を成就(じょうじゅ)させる……。大いなる最終目的のためにはどんな汚い手でもじさないの。ふふ……この人は黙っていればあなたをも殺していたのよ? 後ろから……今までふりまいてきた優しい笑顔で……気持ち悪いぐらいの満面の笑みで……あなたの背中をぐっさりとね……。

 さぁ坊や……もうわかったでしょう? 本当の敵は誰なのかが……ねぇ? ん……ふふっ♪ もういいのですよ間抜けな悪魔さん……。言い逃れのできない決定的なしょうこを見せてあげますから……。んっ……聖なる魔方陣よ……愚かなる悪魔に粛清(しゅくせい)を下すため、今我らのゆく道筋に崇高なる光の加護を与えたまへ……ホーリーサークル!

 ふふっ……ふふふ……♪ はい、これでやっとはっきりしましたね。この魔方陣には……悪魔は入れません。ほら、このかがやく光の輪の中にいるのは、勇者と女神の私だけですね……。あなたはどうやっても……ふふっ♪ ほーら何をしても無駄ですよ悪魔さん……。

 あなたは悪魔……悪魔の巫女なんですから。堕落した欲望の沼地から生まれた……汚染された空気の中で生きてきたゴミクズなんですからね……。人間の希望である勇者と同じ世界にいていいわけがありません……。ほら勇者よ……これでやっと真実がわかりましたね……。

 あなたをまどわしていた悪魔の声はもう聞こえませんよ……。ほら……魔方陣の外を見てみなさい……。アスティアの巫女の姿……この内側からなら真実が見えるでしょう? ねじ曲がったつの……血走った目……どす黒く変色した気持ち悪い肌……。実に巧妙(こうみょう)な変装でしたね……。

 でももうそれも終わりです……。坊や……やっと二人きりになれたね……。んっ……いらっしゃい……胸の中に……おっぱい♪ ずっとここに来たかったのでしょう? おいで……そう……そのまままっすぐ……ふふ……んっ♪ んんんっ♪ やぁん坊やぁ……んふっ♪

 いきなりおっぱい甘えてくるなんでぇ……。ずっと我慢してたのね……ふふっ♪ いいのよ……んっ♪ おっぱい……乳首にちゅうって吸い付いても……。女神様のおっぱい飲むとすぐに傷がなおるし、とっても強い力がついちゃうからねぇ……♪ ふふっ♪ ほら……ちゅうちゅう、もっとちゅうちゅうちゅうちゅう……♪

 ああいい子ね……。女神様のおっぱい飲んでもっと元気な子になろうねぇ……ふふっ♪ そう……悪魔なんかに負けない強い子に……。精神的にも肉体的にもね……ふふっ♪ 最近の悪魔は誘惑とかもしたりするからね……力では勝てないと思ったら……命ごいするふりして色仕掛けしたりもね……。

 坊やはそんなのに負けちゃ駄目よ……。女神様のため……坊やは女神様のために戦う……女神様……。ふふ……そうもっとおっぱいの奥まできなさい……。坊やはそこで真実に目覚めるのよ……。崇高な力……気高き精神……女神ラーナの祝福を受けた伝説の装備……。

 それがあれば、坊やは何ものにも負けない完全な人間になれるのよ……。ふふ……でもね坊や。それには一つだけ条件があるの……。女神様に全てをささげる……僕は女神様のもの……一生女神様を崇拝して愛します……そういわなければならないの……。んふっ♪ もちろん答えは聞かなくても決まってるわね。

 もう頭の中が真っ白で……気持ちいい。もっと気持ちよく……もっと……。気持ちよくなって……強くなる。世界の平和……。希望のみちしるべ……。それが僕。女神様のために戦う……ずっと永遠に……。ほら……言いなさい坊や……女神様に一生をささげます、僕は女神様のものです女神様が大好きです女神様の所有物です。

 身も心も女神様に虜にされたいです。女神様のいうことは全て正しいです。女神様、女神様の支配が大好きです。おっぱいがとっても柔らかくて気持ちいいです。お尻も太ももも、女神様の肉体全てが大好きです。涙も、女神様のひとしずく。おっぱいもお腹いっぱいになるまで飲みたいです。

 真珠(しんじゅ)色の唇にも何度も口付けしたいです。女神様、女神様、女神様女神様……。他のものは何もいらない……女神様と坊やだけの二人きりの世界……。ふふっ♪ ほら……白い光が坊やの中に吸い込まれていくでしょう? これが女神様からの愛よ……しかと受け止めなさいね……ふふ♪

 女神様……大好き。もっと言いなさい。女神様愛しています……。そう……女神様おっぱい……むぎゅっ♪ 女神様のキス……ちゅっ♪ ふふっ♪ ふふふっ♪ ん~もう完全に私の虜ね……♪ 正直ここまでうまくいくとは思わなかったけど……。さてと坊やぁ……これから私達は、新しい平和な世界を創造するわけだけど……。

 あそこに変な悪魔がいて邪魔をしているの……。ねぇ……あの子、排除しましょ。うん、それは当然なのよ。新世界にあんな汚らしい悪魔はいらないから……。ふふっ♪ そう……この光の剣をねぇ……ぎゅっと握り締めてぇ……ゆっくり突き出すだけでいいわぁ……そうそのままぁ……うん……悪魔に手心なんて加えなくていいからぁ……そうそう。

 んっ……ああよくやったわね坊や。新世界のための一仕事お疲れ様。んっ……ほらご褒美よ。女神様のおっぱいでぇ……坊やのオチンチンを……むにむに……むぎゅ~~~っ♪ ふふっ♪ ほらこれ気持ちいいでしょう? パイズリっていうのよ? 女神様のエッチなパイズリぃ……♪

 んっ……あんっ♪ そうよぉ……坊やもおっきなおっぱい持ち上げてぇ……♪ ああんっ♪ 坊やの固いオチンチン最高……♪ ほらもっと腰振りなさい……んっ……んんっんっ♪ んんんんっ♪ ほらいいのよぉ……何か出したくなったらぁ……出しちゃってもぉ……♪

 女神様の白いおっぱいの谷間に……坊やの子種汁をどぴゅどぴゅどぴゅ~~って出しちゃいなさい……ほら……んっんっ……♪ 両側からおっぱい絞るようにしてぇ……谷間深くして上下左右にこねくりまわしてあげるからぁ……ああん……あんあんあん……♪ ああん坊やのオチンチンおっぱいの中でびくんびくんしてて最高よぉ……♪

 ほらぁ……もっときてぇ……気持ちよくなってぇ……♪ 脳ミソとけてぇ……女神様のものになっちゃお♪ 女神様女神様ぁ……女神様のおっぱい大好きぃ……んっ♪ ほらぁ……舌先も使ってしてあげるからぁ……♪ おっぱいとお口に二重の快楽攻撃よぉ……♪ 坊やはきっと耐えられないわよねぇ……。

 ほらぁ……んっんっ……ちゅっ♪ んぶぶぶぶ……♪ おっぱいで根元からこすりあげてぇ……唇をカリ首にひっかけてぬるぬるフェラするのよぉ……。ほらぁ……すっごく気持ちいいでしょう? ねぇ……これで射精したらぁ……女神様のものになっちゃうよぉ……か~んぜんに女神様のものにぃ……♪ んっ……ちゅぶぶ……んっ♪

 ほらほら嬉しいでしょう? んぶぶ……れろれろ……おっぱいで堕ちるよぉ……幸せでしょう? んっ……おっぱいおっぱい……♪ た~いせつな仲間裏切っておかしな女神様に屈服しちゃう変態勇者君? もうすみからすみまで洗脳されてるからわからないと思うけど……。ふふっ♪ んちゅっ……んぶぶぶほら出してぇ……真っ白なザーメン♪

 勇者様のエネルギーたっぷりの特濃ザーメンをぉ♪ んっんっんっ♪ 大好きな女神様がぁ……新しい世界を作るために必要だからぁ……んっんっ♪ ほら……舌先で先っぽつついてあげるぅ……♪ おっぱいでオチンチンぜぇ~んぶくるんでもみくちゃにしながらぁ……ほんのちょっとだけ見える先っぽにぃ……んっんっんっちゅぶぶぶぶっ♪ 

 この世界で最上級の極上な快楽をあたえてあげるわぁ……♪ んっ……ちゅっ♪ ちゅっちゅっちゅぅ♪ んっほら出して出してぇ……女神様のおっぱいと唇でいっちゃってぇ……♪ 女神様ぁ……大好きぃ……僕射精しちゃう……♪ 頭の中ばらばらに真っ白になってとろけちゃうぅ……。んっんっ♪
 
 女神様ぁ……女神様女神様……ほら……最後にとぉ~~ってもエロく吸い付いてあげるからぁ……女神様大好き大好きぃ~って言いながら射精するのよぉ……♪ んっんっ……んぶぶぶうぶぶぶ……んじゅぶぶぶぶ……んんっんっんっ……ぷぱぁ……♪ 女神様ぁ……んっんっ……ぶぶぶっぶうぶ……んじゅずずずう……んっんっんっ♪

 ほらいくぅ……出る出るぅ……♪ んっ新しい世界にぃ……おいでぃ……むちむちむちぃ……んぶっ……んぶぶぶぶ……ほらいってぇ……出して坊やぁ……終わりなき未来向けて……出して出してぇ……んぶぶ……んちゅ~~~~~っちゅぱっ♪ んっんっ……んぶぶぶぶ……んっんっんん? あんっ……いくの? んっ来て……ほらおっぱいでしめて取り囲んでねぇ……舌もねっとりねろねろにしてぇ……んぶぶぶぶうぶぶうっ♪ んぶぶぶぶ……じゅずずず……。

 んっ……んんんっんんっ♪ んんんっ! あんっ♪ んぶ……んっ……ん……出てる……んっ……すごいいっぱい……んっ……んぶぶぶぶ……んぁ……んん……ごく……んごく…………んっ……んはぁ……ふぅ……はぁ……はぁはぁ……。あっ……ああいっぱい出たね坊や♪ ふふっ♪ 女神様に……オチンチンめちゃめちゃにされて白いのしぼり取られちゃったね……♪

 うん……大丈夫よ……心配しないで。新世界は女神様が責任を持って作るから。坊やはここで……女神様を永遠に愛してくれればいいのよ。それが坊やの役目……。ふふっ♪ さぁこれから楽しくなるわねぇ……一緒に頑張ろうね……ちゅっ♪

  1. 2014/10/07(火) 18:53:50|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:1

『転移女神ポラポートリシアの誘惑バイノーラル淫語』
が編集中なので今もうしばらくお待ちください。
バイノーラルはこう音の移動がぬるっとして癖になりそうな感じがあります。


今妄想中のもの
ハート目、ぐるぐる目、十字架目、?マーク目、¥マーク目
という瞳に映る像によって違った引き起こすキャラ。
それぞれ、魅了、スタン、罪悪感、混乱、貢ぎ奴隷を付加。

最初考えたのはハート目のハートちゃんとぐるぐる目のウズメちゃんの
二キャラでいこうと思ったところ
これは1キャラでカラーコンタクトの付け替えでいけるじゃないかと思ったり。
リップちゃんに近い万能状態異常系キャラな感じでもあります。

ちょっとハート目が意外はビジュアル的にエロイのかどうかという問題は残るものの
書いてみたいなーとも思ってみたりもします。
星目、宝石目、滴目、蛇っぽい目とか獣目とか無理矢理考えればあるだけある予感。



・シールちゃん
一撃必殺で男を100%言いなりにする『シール』の能力を持つ。
魔法のペンでシールに書かれた内容が確実に現実になる。
しかし能力は全て最低値でまともに戦闘を挑んでくることはない。
結果、あの手この手で冒険者の隙をつきシールをぺったんこしようとしてくる。


・SS踏み絵、
昨今異常な拡大を見せる邪教集団に拉致されたあなたと恋人。
つきつけられるは、あまりにも非常な二者択一だった。
自らの信ずる宗教の女神様。
それが描かれた床を通りぬけることができれば命だけは助けるという。
さもなくば鋭利なトゲが敷き詰められた死出の道。

信仰心が高いあなたはもちろん身をもって女神への忠誠を果たそうとしますが、
そこへ妖艶な色気を纏う女教祖が誘惑を仕掛けてきて……。

  1. 2014/09/10(水) 23:03:36|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:7

女神

バイノーラル録音にあった音声を作ってみようと思い、
距離感や位置をテーマに考えて前々から構想はあった
女神様っぽいお姉さんのシナリオを書きました。

タイトルは「転移女神ポラポートリシアの誘惑バイノーラル淫語」
にしよーかなと思います。

一応ドキドキ色仕掛けダンジョンものです。
剣術に優れる少年勇者をテレポートで幻惑しつつ魅了。
逃げ足の速い冒険者を妖しい魔法で捕まえて籠絡。
いけすかないカップルにはねちっこい逆寝取りでおしおき。
趣味の童貞狩りで複数調教。

の4編になります。

性器を全く無視した自己啓発系の音声も考えています。
褒められたり信頼されたり成長したりとか
自己肯定されながら気持ちよくなり
洗脳のような暗示に近い夢現の中で
脳内麻薬があれこれ出ちゃったらいいなと妄想してます。

オチンチンは触らない、徹底して触らない。
おっぱいも見せない、露出もしない。
耳さわりのいい言葉だけで甘く責める。
限りなく全年齢に近いといえばそうかもしれない。

歯が浮くような肯定攻撃の坩堝の中で。
何かに目覚めるやら目覚めないやらを目的とする予定。


最後に気まぐれで最近買ったもの簡単レビュー
サキュバスメイズ 
ストーリーは特になし。ダンジョンは易しめで一時間もあれば終わる。
ルナキャット様がよい。ローアングルからの太ももこき。四人そろったら桃源郷。
主人公はあんま喋らない。誘惑される→触ってみる→敵に「自分から押し付けないでよ変態」の流れが多々。
死ぬほど抵抗して嫌がる主人公でもない。かといって甘えまくるわけでもない。さりげなく感触を楽しむ系かも。
かわいい3Dモデル、複数で責められる、太もも顔面騎乗が好きなら吉。

異種姦洗脳悪堕ち調教3!
悪堕ち、また悪堕ち。個人的に大好き。
人間を裏切るように洗脳。頭にかぶせ物。
堕ちた女の子が正常な子を誘惑。とろんとした表情もツボをついてよい。
  1. 2014/07/27(日) 22:35:54|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:1
  次のページ >>