FC2ブログ

ネイティファス
淫語ボイスドラマ製作サークル ネイティファスのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

予定等

ゆうわくデートが7月5日に発売です。
破滅願望のある方向け。
最初は優しく後からじわじわと。


その次の作品は色々考え込んでます。


で、全然関係ないんですけど最近読んだ本でとても感じいったものを。
「痴人の愛」で有名な谷崎潤一郎の作品です。

「二人の稚児」
って短編です。
比叡山に幼くして預けられた二人の少年の、浮世という外界と女人への憧れを書いた作品です。
文章技術も語彙も素晴らしくて引きこまれます。

物語の序盤に比叡山の偉い人がですね
「お前ら二人は家族の愛も故郷への憧れも知らない。この二つは浅ましい煩悩だから、それはとてつもなく幸せなことなのだぞ」(意訳)
的なことを言いやがります。

で、二人の少年もなるほどって思って、僕達は幸せなんだって納得します。
隔離状態での洗脳ってのは素晴らしいです。
煩悩と思えば絆とか故郷への愛もやはり煩悩なのでしょう。


それでそれで
結局年上の少年の方は女人や浮世の誘惑に負けて、山を落りて幸せに暮らします。
年下の方も浮世へと憧れますが、来世へのためにという信念の元に下山を思い止まります。

なるほど来世のためになのです。
でも今を生きるか来世にかけるかってのも、永遠に答えが出ない命題なのかもしれまん。
これに前世のしがらみも混ざると全くのカオス状態になりますね。

ラストのオチは少々難しいです。よくわかりません。

煩悩を捨て去った先にある仙人のような境地。
果たして仙人は現代では英雄になれるんでしょうか?

駄文終わり。
ではまた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2011/07/03(日) 22:42:40|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。